Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON」のオンライン予選が参加登録を受付開始

セキュリティ技術の腕を争う競技会「SECCON 2015」では、オンライン予選の参加登録受付を開始した。

「SECCON 2015」は、情報システムに関連するセキュリティ技術や知識などを競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技大会。2016年1月31日に決勝戦を予定している。

今回実施するオンライン予選は、12月5日に実施し、インターネット経由で参加することが可能。学生向けの参加枠「Intercollege」と、国内外誰でも参加できる参加枠「International」を用意しており、それぞれ上位10チームが決勝戦へ出場できる。

競技時間は、12月5日15時より翌6日15時まで。参加にあたり、チームおよびメンバーの事前登録が必要。今回の予選では、1チームあたりの参加人数に制限はないが、決勝戦は4名での参加となるため、注意が必要。詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始