Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞作品発表

情報処理推進機構(IPA)は、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール 2015」の受賞作品を発表した。

同コンクールは、若年層の情報モラルとセキュリティの意識向上を目的としたもので、今回で11回目となる。

4月1日から9月7日にかけて小中高生を対象に作品を募集し、標語4万6444点、ポスター4574点、4コママンガ7763点のほか、書写や行動宣言など含め6万6858点の作品が寄せられた。

これら応募作品のなかから、標語部門、ポスター部門、4コママンガ部門で最優秀作品を各1作品選出。また、IPAが選出の21作品およびコンクール協力組織や団体選出の93作品に優秀賞が贈られた。

標語部門の最優秀作品は、愛知県の小学2年生可知千洋さんの作品「とりけしは クリックひとつじゃ できないよ」に決定。ポスター部門は愛知県の中学1年生小島彩華さん、4コママンガ部門は埼玉県の高校3年生吉田優花さんの作品が選ばれた。そのほかの受賞作品は、同機構のサイトより閲覧できる。

また、情報モラルやセキュリティに関する教育を積極的に行った学校に対し、情報モラル賞を授与した。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告