Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協

京都大学生活協同組合は、メールを送信した際に、関係ないメールアドレスが流出したことを明らかにした。メールソフトの不具合が原因だとしている。

9月30日18時過ぎに、同大学研究室へ見積りのメールを送信したが、45件となった未着を含むPC内に登録されていたメールアドレス232件が「CC」に設定され、送られたという。

メールを受信した組合員より指摘があり問題が判明。10月1日に関係者へメールで謝罪するとともに、誤って送信したメールの削除を依頼した。

同組合では、送信時にメールアドレスがCCへ挿入された原因について、操作ミスではなく、使用するメールソフトの不具合である可能性が高いと説明。

対策として、パソコン内に登録されているすべてのメールアドレスとメールソフトを削除したほか、使用するメールソフトの点検を実施。メールソフトの変更についても検討するという。

(Security NEXT - 2015/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾