Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシングに注意 - 偽サイトでApple IDを詐取

Apple製品のユーザーを狙い、Apple IDのアカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が確認された。10月2日の時点でサイトは稼働中であり、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20151002_ap_001.jpg
今回確認されたフィッシングページ(画像:フィッシング対策協議会)

自動送信による認証メールに見せかけたフィッシングメールが出回っているもの。メールは英文で記載。リンク先からアカウントの状態を受信後48時間以内に確認するよう促す内容で、誘導先の偽サイトでApple IDやパスワードなどを騙し取る。

10月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、同サイト以外にも類似した攻撃が行われる可能性があるとして注意を呼びかけるとともに、フィッシングの情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング