Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【制御システム】一部オムロン製品にパスワード取得される複数の脆弱性

オムロン製の一部制御機器やプログラム用ソフトウェアに脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関では、利用者へ注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が判明したものは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の「CJ2M ユニット 2.1」「CJ2H ユニット 1.5」およびプログラムを作成するソフトウェア「CX-Programmer 9.6」。これら以前のバージョンも含まれる。

パスワードを平文で送信する脆弱性「CVE-2015-0987」をはじめ、「CX-Programmer用プロジェクトファイル」よりパスワードが取得できる「CVE-2015-0988」、コンパクトフラッシュ内に保存したオブジェクトファイルからパスワードが取得できる「CVE-2015-1015」が存在するという。

オムロンでは、パスワード保護を強化した最新版を用意。同社やセキュリティ機関では対応を検討するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 悪用容易で攻撃ツールなど出回るおそれも
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性