Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【制御システム】一部オムロン製品にパスワード取得される複数の脆弱性

オムロン製の一部制御機器やプログラム用ソフトウェアに脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関では、利用者へ注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が判明したものは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の「CJ2M ユニット 2.1」「CJ2H ユニット 1.5」およびプログラムを作成するソフトウェア「CX-Programmer 9.6」。これら以前のバージョンも含まれる。

パスワードを平文で送信する脆弱性「CVE-2015-0987」をはじめ、「CX-Programmer用プロジェクトファイル」よりパスワードが取得できる「CVE-2015-0988」、コンパクトフラッシュ内に保存したオブジェクトファイルからパスワードが取得できる「CVE-2015-1015」が存在するという。

オムロンでは、パスワード保護を強化した最新版を用意。同社やセキュリティ機関では対応を検討するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
オムロン製制御機器向けツール「CX-Programmer」に脆弱性
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
「POWER EGG」に任意のコードを実行される脆弱性 - OSSライブラリに起因
複数の横河製品にアクセス制御不備の脆弱性 - リモートより悪用されるおそれ
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性