Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【制御システム】一部オムロン製品にパスワード取得される複数の脆弱性

オムロン製の一部制御機器やプログラム用ソフトウェアに脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関では、利用者へ注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が判明したものは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の「CJ2M ユニット 2.1」「CJ2H ユニット 1.5」およびプログラムを作成するソフトウェア「CX-Programmer 9.6」。これら以前のバージョンも含まれる。

パスワードを平文で送信する脆弱性「CVE-2015-0987」をはじめ、「CX-Programmer用プロジェクトファイル」よりパスワードが取得できる「CVE-2015-0988」、コンパクトフラッシュ内に保存したオブジェクトファイルからパスワードが取得できる「CVE-2015-1015」が存在するという。

オムロンでは、パスワード保護を強化した最新版を用意。同社やセキュリティ機関では対応を検討するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
PostgreSQL環境向けミドルウェアの管理ツールに脆弱性 - DB管理者権限を奪われるおそれ
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
Schneider Electric製PLCに脆弱性 - アップデートは未提供
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明