Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ivantiの複数製品に深刻な脆弱性 - 早急なパッチ適用を強く推奨

Ivantiは、同社が提供する2製品「Ivanti Neurons for ITSM」「Ivanti Standalone Sentry」に深刻な脆弱性が含まれていることを明らかにした。早急に対策を講じることを強く推奨している。

ITサービスの管理ソリューションである「Ivanti Neurons for ITSM」では、認証されたユーザーが、同製品のサーバに対してリモートよりファイルの書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2023-46808」が明らかとなった。

「同2023.3」「同2023.2」「同2023.1」のほか、すでにサポートが終了しているバージョンも影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」においてベーススコアを「9.9」と評価している。

一方エンドポイント管理製品と連携し、アクセス制御などを行う「Ivanti Standalone Sentry」では、隣接するネットワーク内より認証なしにOS上でコマンドの実行が可能となる「CVE-2023-41724」が明らかとなった。

「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.6」。「同9.19.0」「同9.18.0」「同9.17.0」および以前のバージョンが影響を受けるとしている。

いずれもアドバイザリが公開された時点で脆弱性の悪用は確認されていないという。同社では脆弱性を修正するパッチを提供しており、早急に対策を講じるよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ