Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCI SCC、10月に都内でコミュニティミーティングを開催

PCI SSC(PCI Security Standards Council)は、10月に都内で「第4回 PCIアジア太平洋コミュニティミーティング」を開催する。

同イベントは、決済のトレンドや課題などを扱うアジア太平洋地域の決済事業関係者を対象とした年次カンファレンス。国内での開催は今回がはじめて。

EMVチップ技術の導入、ATMのスキミング対策、モバイル決済やデジタルコマースのセキュリティ対策などに関連したセッションを用意。

基調講演には、PCI SSCのインターナショナルディレクターであるJeremy King氏が登壇するほか、政府関係者なども講演を予定している。

開催日程は10月14日、15日の2日間で会場はウェスティンホテル東京。イベントの詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
クレカ取引の「セキュリティ実行計画2018」が策定 - 改正割販法の要件に