Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブの利便性高めるSaaSが改ざん被害 - 導入サイトで情報窃取のおそれ

ショーケースが提供する複数SaaSサービスがサイバー攻撃を受け、サービスを導入する一部サイトにおいて、閲覧者の入力情報を第三者によって抜き取られた可能性があることが判明した。

ウェブサイトに導入することで、サイト訪問者の利便性を向上させる複数のSaaS型サービスにおいて、ソースコードを第三者により書き換えられる被害が発生したもの。

被害が確認されたのは、ウェブフォームの入力をサポートする「フォームアシスト」、個々の利用状況に沿った表示を行う「サイト・パーソナライザ」、利用端末にあわせた画面表示を行う「スマートフォン・コンバータ」の3サービス。

不正なファイルを埋め込むようソースコードの改ざんが行われた。これらサービスを導入している一部顧客サイトにおいて、訪問者がフォームなどへ入力した情報を第三者によって窃取された可能性がある。

7月26日に「フォームアシスト」を導入している顧客より、ソースコードに不審な記述があるとの指摘があり、調査を行ったところ、ソースコードの改ざんが発覚した。システムの脆弱性を突く不正アクセスが原因だという。

(Security NEXT - 2022/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も