Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北米地域のIPv4アドレスが枯渇

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、北米地域レジストリにおけるIPv4アドレスの在庫が枯渇したと発表した。

北米地域を受け持つ地域インターネットレジストリ「ARIN(American Registry for Internet Numbers)」において、IPv4アドレスの在庫が約400万アドレスとなり、枯渇をアナウンスしたもの。

2011年以降、5つある地域インターネットレジストリのうち、アジア地域を受け持つ「APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)」、欧州地域を受け持つ「RIPE NCC(Reseaux IP Europeens Network Coordination Centre)」、中南米地域を受け持つ「LACNIC(The Latin American and Caribbean IP address Regional Registry)」ですでに枯渇しており、枯渇していないのはアフリカ地域を担当する「AfriNIC(African Network Information Centre)」のみとなった。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
DHCPが異常停止する脆弱性 - ほぼすべての環境に影響
「Kea DHCPサーバ」のログ機能に脆弱性 - クラッシュのおそれ
ISA、ネットワーク機器を監視、電源制御で復旧する新製品
A10、ネットワーク製品にDDoS防御機能を追加
JPCERT/CC、「IPv6セキュリティテスト」の手順書と検証済み製品リストを公開
フォーティネット、データセンター向けFW「FortiGate-3700D」を発売
Windows版BIND 9に深刻な脆弱性 - DNSリフレクション攻撃へ悪用されるおそれ
小型化した警告灯「警子ちゃん4GX mini」を発売 - 設置しやすいデザインを採用