Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒

マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラムで87件の脆弱性に対応したが、今後ワームへ転用されるおそれがある影響の大きい脆弱性が含まれている。同脆弱性は別名「Bad Neighbor」と名付けられ、早急に修正するよう呼びかけられている。

問題の「CVE-2020-16898」は、「Windows TCP/IPスタック」に関する脆弱性。細工された「ICMPv6ルータアドバタイズパケット」を受信するとコードを実行されるおそれがある。深刻度は4段階中もっとも高い「緊急」。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「9.8」。マイクロソフトの脆弱性調査チームが発見したもので、セキュリティ更新のリリース時点で悪用や公開は確認されていない。

McAfeeの研究者は、「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じて同脆弱性により「ブルースクリーンオブデス(BSOD)」を引き起こす実証コードの提供を受けたが、シンプルで非常に信頼性が高いものだったと指摘。

ワームとして転用された場合、影響が大きく、ICMPv6における近隣探索(Neighbor Discovery)プロトコルに起因する脆弱性であることから、別名「Bad Neighbor」と名付けた。

「ICMPv6トラフィック」をトンネリングすることにより、IPv4経由で攻撃が成功するかどうかは不明だという。

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開