Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応

情報通信研究機構(NICT)は、サイバー攻撃分析プラットフォーム「NIRVANA改」の機能を強化し、IPv6に対応したと発表した。

従来は、IPv4環境の分析機能を提供してきたが、今回の機能強化により、通信観測、アラート収集、可視化のいずれの機能においてもIPv6環境に対応した。

IPv6ネットワークにおける広大なアドレス空間を流れるパケットを収集し、リアルタイムに可視化することが可能。セキュリティ機器によるアラートなどを収集し、IPv6アドレスによるフィルタリングなども行える。

機能強化を実施した「NIRVANA改」は、民間企業への技術移転が進められているほか、4月14日から16日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2021」においてもデモ展示を実施する予定。

(Security NEXT - 2021/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
NICT、「SECCON」向けにあらたな攻防戦の可視化システムを提供
「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に
「NIRVANA-R」がSyslog対応 - アラート発行でパケットキャプチャ