Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国製ワープロソフトにゼロデイ攻撃 - 北朝鮮関与か

韓国で広く利用されているワープロソフト「Hangul Word Processor」に存在する脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生していたことがわかった。北朝鮮が関与した疑いがあるという。

Hancom製ワープロソフトにおける脆弱性「CVE-2015-6585」に対するゼロデイ攻撃について、米FireEyeが報告したもの。脆弱性の修正プログラムは9月7日より提供が開始されている。

データ型を取り違える脆弱性とヒープスプレー攻撃を組み合わせたもので、細工したファイルを開くと、遠隔操作が可能となるバックドア「HANGMAN」に類似したマルウェアへ感染するおそれがあった。

FireEyeは、韓国で利用が多いワープロソフトウェアを標的にしたことにくわえ、マルウェアにおいて関数の利用方法に特徴が見られ、従来北朝鮮が利用しているマルウェアと類似点があり、同一のソースコードを一部共有している可能性があると指摘。

またバックドアにハードコードされていたコマンド&コントロール(C&C)サーバのIPアドレスが、以前発生した北朝鮮が展開したと見られる標的型攻撃と同一だったことを挙げ、これらを根拠に北朝鮮が関与した攻撃の可能性があると分析している。

(Security NEXT - 2015/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集