Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを変更した」と騙す手口

フィッシング対策協議会は、セゾンカードの会員向けウェブサービス「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシングメールが確認されたとして、注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「セゾンNetアンサーご登録確認」という件名で送信されているもので、「第三者によるアクセスを確認した」などと説明。暫定的な処置として利用者の登録IDを変更したなどと騙し、記載したURLへ誘導する。

誘導先はフィッシングサイトで、ログインIDやパスワード、メールアドレスのほか、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードなどの入力を求め、情報を騙し取るという。

9月16日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトが公開される可能性があるとして、引き続き警戒するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加