Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと旅行券応募者のメアドが漏洩、アクセス集中で不具合 - 栃木県

栃木県は、ふるさと旅行券の応募受付において、応募者のメールアドレスがほかの応募者の入力画面に誤って表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

同県ではふるさと旅行券の第2期応募受付を9月1日10時より開始。その後11時20分に、応募フォームに第三者のメールアドレスが表示されていると応募者から指摘があり問題が判明した。

他人から閲覧可能だった可能性のあるメールアドレスは1995件。同県では11時27分にシステム改修を終えて応募受付を再開したという。

同県では、アクセスが集中したことによるシステム不具合が原因としており、対象となる応募者にメールで謝罪する。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
ファンクラブサイトで不具合 - 会員情報を誤表示
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA