Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示

講師と生徒をマッチングするサービス「ストアカ」のウェブサイトにおいて、利用者のメールアドレスを誤表示する不具合が明らかとなった。

同サービスを運営するストリートアカデミーによれば、講師ページにおいて、ログインしていない閲覧者が問い合わせを行おうとした際に表示されるログイン画面に、本来表示すべきでない講師のメールアドレスが表示される状態となっていたもの。

利用者の指摘により問題が判明した。429回の誤表示が発生し、151人のメールアドレスが閲覧された可能性がある。

2021年5月にリリースしたシステムにバグが存在したという。同社では、2022年4月11日に問題部分の改修を実施。対象となるユーザーに経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古