Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会

愛媛県が実施する新型コロナウイルス感染症の検査無料化支援事業において、同県より認定を受けた愛媛県総合保健協会の検査で一部別人の検査結果を提供する不具合が発生した。

同協会では検査結果を専用サイトにて提供しているが、不具合により別人の検査結果が表示される状態となっていたもの。同サイトより検査結果を確認しようとした受検者から問い合わせがあり、 不具合が判明した。

不具合は1月8日14時ごろから同日14時半過ぎにかけて発生。1月7日に検査を受けた272人が影響を受けた。本来停止すべき「受検申込機能」がシステム上で稼働しており、受験者が同機能にアクセスしたことで登録データにズレが発生したのが原因だという。

同協会では不具合の確認後、システムの運用を停止して不具合を修正。検査結果のデータを再確認したうえで、1月8日15時半にシステムを再開した。誤表示の対象となった受検者に対しては連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP