Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会

愛媛県が実施する新型コロナウイルス感染症の検査無料化支援事業において、同県より認定を受けた愛媛県総合保健協会の検査で一部別人の検査結果を提供する不具合が発生した。

同協会では検査結果を専用サイトにて提供しているが、不具合により別人の検査結果が表示される状態となっていたもの。同サイトより検査結果を確認しようとした受検者から問い合わせがあり、 不具合が判明した。

不具合は1月8日14時ごろから同日14時半過ぎにかけて発生。1月7日に検査を受けた272人が影響を受けた。本来停止すべき「受検申込機能」がシステム上で稼働しており、受験者が同機能にアクセスしたことで登録データにズレが発生したのが原因だという。

同協会では不具合の確認後、システムの運用を停止して不具合を修正。検査結果のデータを再確認したうえで、1月8日15時半にシステムを再開した。誤表示の対象となった受検者に対しては連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加