Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀、勘定系システムで一時障害 - 8日未明に復旧

住信SBIネット銀行において、9月7日22時過ぎより一時ATM取引やオンラインバンキングを利用できない障害が発生したことがわかった。

同社によれば、勘定系システムにおけるハードウェア障害が原因で、ウェブサイトへのアクセスやオンラインバンキングが利用できない状態となった。ATMによる取り引きも影響を受けた。

同社では復旧を進め、約5時間後となる8日未明3時ごろに復旧した。現在はすべてのサービスが通常どおり利用できるという。

(Security NEXT - 2015/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ