Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のIoTデバイスは9億5600万台 - 5年間で4億台増

2014年から2019年までの5年間にIoTデバイスは約4億台増加し、2019年には9億5600万台が稼働しているとの見込みを調査会社が取りまとめた。

IDC Japanが発表したもので、スマートフォン、タブレット、パソコンなど従来のクライアント端末の稼働台数は2014年の実績で1億5600万台。2019年の稼働台数を1億9800万台、年間平均成長率を4.9%と予測している。

一方、IoTデバイスの稼働台数は5億5700万台で、2019年の予測稼働台数は9億5600万台。平均成長率は11.4%に達し、従来のデバイスと比べて大きな伸びとなる見込みだという。

出荷額を見ると、2014年に3兆5400億円だった従来端末だが、成長率は1%にとどまり2019年は3兆7300億円。それに対し、IoTデバイスは2014年の8兆3900億円から2019年には12兆円を超えると同社では見ている。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在