Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のIoTデバイスは9億5600万台 - 5年間で4億台増

2014年から2019年までの5年間にIoTデバイスは約4億台増加し、2019年には9億5600万台が稼働しているとの見込みを調査会社が取りまとめた。

IDC Japanが発表したもので、スマートフォン、タブレット、パソコンなど従来のクライアント端末の稼働台数は2014年の実績で1億5600万台。2019年の稼働台数を1億9800万台、年間平均成長率を4.9%と予測している。

一方、IoTデバイスの稼働台数は5億5700万台で、2019年の予測稼働台数は9億5600万台。平均成長率は11.4%に達し、従来のデバイスと比べて大きな伸びとなる見込みだという。

出荷額を見ると、2014年に3兆5400億円だった従来端末だが、成長率は1%にとどまり2019年は3兆7300億円。それに対し、IoTデバイスは2014年の8兆3900億円から2019年には12兆円を超えると同社では見ている。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査