Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友海上ら、サイバー攻撃対策保険 - 調時査費用や逸失利益もカバー

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、サイバー攻撃によるリスクへ対応する損害保険を共同で開発し、9月より販売を開始する。

両社のノウハウをもとに開発したもので、三井住友海上では「サイバーセキュリティ総合補償プラン」、あいおいニッセイ同和損保は「サイバーセキュリティ保険」として提供する。

サイバー攻撃に起因した情報漏洩をはじめとする第三者に対する損害賠償に対応。事故原因の調査や被害者への対応、メディア対応におけるコンサルティング費用など、被害拡大防止の費用をカバー。ネットワーク停止時の逸失利益についてもオプションで補償するという。

また被害発生時は、契約者の要望に応じてセキュリティベンダーの紹介なども実施する。

(Security NEXT - 2015/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供