Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通信、同社Android端末向けにIDSを提供

日本通信は、Android向けに侵入検知システム(IDS)ソリューションを9月18日より提供開始する。手はじめに同社端末「VAIO Phone」へファームウェアの更新により搭載する。

20150903_nt_001.jpg
記者会見に登壇した三田氏(画面左)と福田氏(同右)

「モバイルIDS」は、Androidにおいてドライバレベルでネットワーク層やトランスポート層の不正通信を監視するソリューション。

攻撃を検知するクライアントエンジンと、利用者からのデータを集約するサーバエンジンで構成されており、端末上で「Warning(警告)」「Severe(重度の警告)」「Attack(攻撃)」の3段階にわけて件数を表示。法人契約であれば具体的な攻撃内容に関しても確認できるという。

また利用者から収集した検知情報を対策へ活かすほか、防御機能を追加した「モバイルIDPS」を、ファームウェアのアップデートにより第3四半期前半をめどに提供する予定。

20150903_nt_002.jpg
「モバイルIDS」の画面

月額料金は100台で利用した場合、25万9200円。既存のVAIO Phoneユーザーや、9月3日から先着2万台までの新規購入ユーザーには、VAIO Phoneの利用や「コミュニティ開発プログラム」への参加などを条件に無償で提供するという。

記者会見へ登壇した代表取締役会長の三田聖二氏は、2006年に米Arxceoを買収し、無線や国内市場にあわせ、10年を費やして開発してきたと説明。端末を供給しているからこそファームウェアとして実装できたと語り、セキュリティ対策を通じ、MVNO事業者として差別化を進めていくと説明した。

また代表取締役社長の福田尚久氏によれば、「VAIO Phone」の場合、CPUへの負荷は1%未満だという。容量も小さく、他社への提供、チップやルータなど他機器への搭載なども検討している。

(Security NEXT - 2015/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T