Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信システムの障害で3.7万人のアドレスが流出 - PR会社

イベント企画やプロモーションなどを手がけるサニーサイドアップは、委託先で発生したメールマガジン配信システムの障害により、受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

8月28日12時過ぎに取引先や関係者へ配信したメールマガジンにおいて、配信先のメールアドレスが表示される状態となったもの。メールマガジンは複数回にわけて配信しており、最大999人分のメールアドレスが表示された。流出したメールアドレスを合計すると3万7006人分にのぼるという。

同社は、メールマガジンの配信を行う委託先のシステム障害が原因であると説明。対象となる関係者に説明と謝罪を行い、配信されたメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
設定ミスで患者情報をメールで誤送信 - 都内クリニック
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
メール誤送信で関係者のメアド流出 - 住友林業グループ会社