Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信システムの障害で3.7万人のアドレスが流出 - PR会社

イベント企画やプロモーションなどを手がけるサニーサイドアップは、委託先で発生したメールマガジン配信システムの障害により、受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

8月28日12時過ぎに取引先や関係者へ配信したメールマガジンにおいて、配信先のメールアドレスが表示される状態となったもの。メールマガジンは複数回にわけて配信しており、最大999人分のメールアドレスが表示された。流出したメールアドレスを合計すると3万7006人分にのぼるという。

同社は、メールマガジンの配信を行う委託先のシステム障害が原因であると説明。対象となる関係者に説明と謝罪を行い、配信されたメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
外国人向け台風警戒メールで誤送信 - 湖南市
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
メール誤送信でモニターの個人情報が流出 - コタ
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高