Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通マーケ、マイナンバー管理用PCを発売

富士通マーケティングは、生体認証やセキュリティ機能、人事給与システムへの自動ログオンなどを標準搭載した業務用パソコンを10月1日より発売する。

「FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」は、セキュリティ機能や人事給与システムとの連携機能を標準搭載した企業向けPC。マイナンバー対応ソリューションとして提供する。

OSや主要人事給与システムへ静脈認証によるログインが可能。マルウェア対策やUSBや周辺機器の制限、URLフィルタリング、ハードディスクの暗号化、ログ管理などのセキュリティ機能をあらかじめ搭載している。またマルウェア感染のおそれがあるとして、メール機能を非搭載とした。

事前にセットアップして出荷するため、ユーザーによる設定作業は不要。価格は32万1840円。今後3年間に1万台の販売を目指して提供していく。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市