Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通マーケ、マイナンバー管理用PCを発売

富士通マーケティングは、生体認証やセキュリティ機能、人事給与システムへの自動ログオンなどを標準搭載した業務用パソコンを10月1日より発売する。

「FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」は、セキュリティ機能や人事給与システムとの連携機能を標準搭載した企業向けPC。マイナンバー対応ソリューションとして提供する。

OSや主要人事給与システムへ静脈認証によるログインが可能。マルウェア対策やUSBや周辺機器の制限、URLフィルタリング、ハードディスクの暗号化、ログ管理などのセキュリティ機能をあらかじめ搭載している。またマルウェア感染のおそれがあるとして、メール機能を非搭載とした。

事前にセットアップして出荷するため、ユーザーによる設定作業は不要。価格は32万1840円。今後3年間に1万台の販売を目指して提供していく。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス