Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害児支援センターで個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 広島

広島県福祉事業団は、東広島市の障害者療育支援センターにおいて、個人情報を保存したUSBメモリの紛失事故が発生したことを明らかにした。

同センターの職員が8月19日に外出先でなくしたもの。立ち寄り先に鞄ごと置き忘れ、紛失した。同職員は、自宅で資料整理するため、USBメモリを持ち帰っていたという。

所在不明のUSBメモリには、施設の利用者114人の個人情報が保存されていた。紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市