Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害児支援センターで個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 広島

広島県福祉事業団は、東広島市の障害者療育支援センターにおいて、個人情報を保存したUSBメモリの紛失事故が発生したことを明らかにした。

同センターの職員が8月19日に外出先でなくしたもの。立ち寄り先に鞄ごと置き忘れ、紛失した。同職員は、自宅で資料整理するため、USBメモリを持ち帰っていたという。

所在不明のUSBメモリには、施設の利用者114人の個人情報が保存されていた。紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構