Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、2014年度にプライバシーマーク付与事業者から報告があった個人情報関連の事故状況を取りまとめた。

2014年度に寄せられた事故報告は、768事業者1646件。2013年度の736事業者1627件からいずれも微増した。2012年、2013年から従業員による内部不正行為の報告が増加傾向にあり、重大事故に発展するケースもあるとして注意が必要だと指摘している。

事故原因を見ると、「紛失」が416件で全体の4分の1を占める。次いで多いのが「メール誤送信」で305件。「書類送付時の宛名まちがい」が282件、「封入ミス」が275件と事務処理上の人為的なミスが目立った。「置き引き」と「車上荒らし」をあわせた「盗難」が48件で続く。

プログラムやシステムの設計ミス、作業ミスによる漏洩が44件で、前年の74件から大幅に改善した。不正アクセスや不正ログインは27件。また「口頭(17件)」「システムのバグ(4件)」「マルウェア感染(1件)」による漏洩も報告されている。

「盗難・紛失」が発生した媒体の内訳は、「書類」が48.3%で半数近くを占めたが、前年度から件数、割合いずれも減少。次に多かったのは「携帯電話、スマートフォン」で32.3%。前年度の28.1%から上昇した。また、「ノートPC、モバイル機器」も前年度より増えており、全体の7.6%にあたる。

(Security NEXT - 2015/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失