Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、DBD攻撃リスクなくウェブを閲覧できるサービス

マクニカネットワークスは、米Menlo Security製セキュリティソリューション「Menlo Security」の提供を開始した。

同サービスは、「Amazon Web Services(AWS)」上に用意したプラットフォーム上でウェブコンテンツを実行し、画面のみエンドポイントへ転送するセキュリティソリューション。ウェブサイトに不正なコードが埋め込まれていた場合も、エンドポイント上ではコードを実行しないため、マルウェア感染などの影響を受けずに済む。

OSやデバイスによる制限はなく、エージェントをインストールせずに利用することが可能。提供は、ユーザー数に応じた年間サブスクリプション契約となる。今後は「VMware」や「KVM」をサポートし、オンプレミスの仮想環境でも利用できるようになる予定。

(Security NEXT - 2015/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC