Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Analytics」連携用のWordPress向けプラグインに脆弱性

「Google Analytics」との連携を実現する「WordPress」向けプラグイン「Google Analyticator」に脆弱性が含まれていたことがわかった。アップデートが公開されている。

「同6.4.9.4」および以前のバージョンに、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-6238」が含まれていることが判明したもの。開発者は、脆弱性を修正した「同6.4.9.6」を公開した。

脆弱性を報告したNetsparkerによれば、脆弱性を悪用することにより、ログインしたユーザーのセッションをハイジャックすることが可能で、設定の変更などが行われるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
セキュリティ更新「WordPress 4.9.7」がリリース - 即時アップデートを強く推奨
WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けニュースレタープラグインに脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる