Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Taniumの脅威検索製品を取扱開始

マクニカネットワークスは、リアルタイムにエンドポイントの端末情報を収集し、脅威を検索する米Taniumのソフトウェア「Tanium Platform」の取り扱いを開始した。

同製品は、エンドポイント間で情報を伝達するリレー方式により、端末情報を収集し、セキュリティ機器の情報などとあわせてマルウェアの感染端末を特定できるソリューション。感染端末の隔離やプロセス切断、ファイル削除などにも対応する。

また脅威の検知に限らず、パッチの適用やソフトウェアのインストール情報なども把握することが可能で、コンプライアンス対策としても活用できるという。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 当初より重要度を格上げ
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応