Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Taniumの脅威検索製品を取扱開始

マクニカネットワークスは、リアルタイムにエンドポイントの端末情報を収集し、脅威を検索する米Taniumのソフトウェア「Tanium Platform」の取り扱いを開始した。

同製品は、エンドポイント間で情報を伝達するリレー方式により、端末情報を収集し、セキュリティ機器の情報などとあわせてマルウェアの感染端末を特定できるソリューション。感染端末の隔離やプロセス切断、ファイル削除などにも対応する。

また脅威の検知に限らず、パッチの適用やソフトウェアのインストール情報なども把握することが可能で、コンプライアンス対策としても活用できるという。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料