Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大

横浜国立大学の職員が、学生と職員の個人情報が保存されたUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

自宅で資料を作成するためUSBメモリにデータをコピーして、7月31日に持ち帰ったが、8月2日までに紛失したことが判明した。所在不明となっているUSBメモリには「2015年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」が保存されており、職員2人や派遣職員14人、学生6人の氏名が含まれていた。

職員は内規を守っておらず、個人情報を持ち出す際の届出やUSBメモリの暗号化などは実施していなかったという。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京