Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大

横浜国立大学の職員が、学生と職員の個人情報が保存されたUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

自宅で資料を作成するためUSBメモリにデータをコピーして、7月31日に持ち帰ったが、8月2日までに紛失したことが判明した。所在不明となっているUSBメモリには「2015年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」が保存されており、職員2人や派遣職員14人、学生6人の氏名が含まれていた。

職員は内規を守っておらず、個人情報を持ち出す際の届出やUSBメモリの暗号化などは実施していなかったという。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大