Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大

横浜国立大学の職員が、学生と職員の個人情報が保存されたUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

自宅で資料を作成するためUSBメモリにデータをコピーして、7月31日に持ち帰ったが、8月2日までに紛失したことが判明した。所在不明となっているUSBメモリには「2015年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」が保存されており、職員2人や派遣職員14人、学生6人の氏名が含まれていた。

職員は内規を守っておらず、個人情報を持ち出す際の届出やUSBメモリの暗号化などは実施していなかったという。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急事態宣言対応の留学生宛て連絡メールで送信ミス - 中京大
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
県立大で学生の個人情報をメールで誤送信 - 香川県
学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿
新入生への案内メールで誤送信、メアド流出 - 新潟食料農業大
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大