Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、無線LAN搭載UTMのラインナップを拡充

ソフォスは、無線LANを搭載したUTMアプライアンス「Sophos SG 125w」および「同135w」の2モデルをあらたに発売した。

両製品は、コンパクトなデスクトップ型の筐体を採用し、無線LAN機能を標準で搭載したUTM製品。ファイアウォールやマルウェア対策、IPSのほか、ウェブフィルタリングやウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、スパム対策、メールの暗号化、情報漏洩対策などの機能を必要に応じて利用できる。

無線LAN機能では、3本のアンテナを標準で装備しており、「IEEE 802.11ac」に対応。アクセスポイントとして利用できる。無線通信では暗号化にくわえ、VPNを使用することが可能。

参考価格は、320Gバイトのハードディスク、4Gバイトのメモリ、1Gビットに対応したEthernetを8ポート搭載する「同125w」が22万1832円。6Gバイトのメモリを搭載した上位モデルが「Sophos SG 135w」が28万3608円。

(Security NEXT - 2015/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ