Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービスへの個人情報登録、信頼するポイント「会社名を知っている」が6割

ウェブサービスにおいて個人情報を登録する際、「会社名を知っている」ことを重視するユーザーが6割にのぼり、もっとも多いことがわかった。

20150731_ou_001.jpg
個人情報登録で抵抗を感じる情報(グラフ:オウチーノ)

オウチーノ編集部がアンケート調査を実施し、取りまとめたもの。同調査は、20歳から69歳の社会人男女551人を対象に、6月22日から23日にかけてインターネットを通じて実施した。

ウェブサービスに個人情報を登録する際、抵抗を感じる情報について聞いたところ、「クレジットカード情報」が68.2%。「銀行口座」が62.8%、「携帯電話番号」が57.2%、「顔写真」が53.7%と続く。

また「勤務先名」も53.5%と高く、「勤務先住所(51.9%)」「勤務先電話番号(51.4%)」なども半数以上が抵抗を感じると答えた。「特になし」という回答は5.1%で、ほとんどの利用者が個人情報の登録になんらかの抵抗を感じている。

20150731_ou_002.jpg
個人情報登録時にどのような会社を信頼するか(グラフ:同社)

個人情報を登録するにあたって、情報を取得する会社が信頼できる会社か見分けるポイントについては、62.6%が「会社名を知っている」と回答。「情報が暗号化されることが明記されている」も59.7%と高い。

これらは「運営会社がプライバシーマークを取得している(50.5%)」「プライバシーポリシーが記載されている(45.6%)」「運営会社が上場している(24.1%)」を上回る結果となった。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず