Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝情報システム、重要ファイルを自動で検索し暗号化するソフト

東芝情報システムは、従業員のパソコンに保存されている重要ファイルを見つけだし、自動で暗号化するソリューション「File Secure-Protection」を9月より販売する。

同製品は、あらかじめ指定したルールでファイルを定期的に検索し、発見したファイルを自動的に暗号化するソフトウェア。閲覧期間や回数、印刷可否といった制限を設定することができるほか、保存されている場所を管理者が把握することが可能。

同社では、同製品を含むセキュリティ事業において、年間10億円の売上を目標に展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC