Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フェンシングもセキュリティも「先読み」が大事 - 太田雄貴選手

トレンドマイクロは、7月にモスクワで開催されたフェンシングの世界選手権において、男子フルーレ個人で国内やアジア地域で初となる金メダルを獲得した太田雄貴選手と2016年8月31日までのスポンサー契約を締結したと発表した。

20150727_tm_001.jpg
太田雄貴選手とEva Chen氏

今回の契約締結にあたり、自身もフェンシング経験があるというトレンドマイクロ社長のEva Chen氏は、「フェンシングはフランスではもともと、守る、ディフェンスという意味。脅威対策を行うトレンドマイクロも同じ」と契約に至った経緯を説明。「選手としてすばらしいだけでなく、若い選手の育成にも取り組む太田選手を支援できて嬉しい」と語った。

記者発表会に登場した太田選手は、「数あるスポーツからフェンシングや、自分を選んでもらえて感謝している」と挨拶。「個人に限らず、協会全体を支援してもらえることに感謝している」とスポンサー契約への感謝を述べた。

「フェンシングでは、相手が来てから反応するのではなく、相手を予測し、先を見てディフェンスすることが重要」とし、「トレンドマイクロが考えるディフェンスとフェンシングはとても似ている」と共通点をアピールした。

東京オリンピック、パラリンピックが開催される2020年のセキュリティについて尋ねられると、「インターネットと実社会がより密接となり、ウイルスがさらなる脅威になるのではないかと思う」とし、「ウイルスバスターに生活を守ってもらいながら、次世代のアスリートを育成したり、オリンピックにチャレンジするなどがんばっていきたい」と語った。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK