Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IIJmio」の顧客情報保存した記憶媒体が所在不明

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けインターネットサービス「IIJmio」の顧客90人分の個人情報が記録されたメディアが所在不明になっていることを公表した。

社内で保管していた記憶メディアの所在がわからなくなっているもので、2005年1月から2006年1月までのあいだにサービスへ申し込んだ顧客90人分の氏名と住所、電話番号が記録されていた。

保存期間が終了した書類を廃棄する際、誤って混入した可能性が高いと説明。紛失した情報の不正利用なども確認されていないという。

(Security NEXT - 2015/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
水道使用者の個人情報含む書類を紛失 - うるま市
統計調査の対象候補者名簿を紛失 - 山梨県
紛失した調査関係書類を発見、回収 - 千葉県
農林業センサス関連の個人情報を一時紛失 - いわき市
農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市