Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タミヤに不正アクセス - ネットショップ登録者など最大10.7万件が流出の可能性

プラモデルやラジコンなどの模型販売を手がけるタミヤは、同社のウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ漏洩した可能性があることを明らかにした。

20150721_ta_001.jpg
不正アクセスを受けたタミヤ

同社によれば、7月6日にJPCERTコーディネーションセンターより情報漏洩の可能性を指摘する連絡があり、調査を行ったところ、不正アクセスの痕跡を確認。会員の個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明したという。

「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件や「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件の氏名や住所、郵便番号、電話番号のほか、ログインIDで用いるメールアドレスや暗号化されたログイン用パスワードが流出した可能性がある。また見学を予約した顧客最大3824件の氏名や住所電話番号、メールアドレスが流出したおそれがある。

今回の情報漏洩が原因と見られる被害は確認されていないという。同社では、パスワードについてハッシュ化していたとしつつも、パスワードの使い回しを行っている場合は変更するよう顧客に呼びかける。またセキュリティ対策を実施した上でサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性