Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タミヤに不正アクセス - ネットショップ登録者など最大10.7万件が流出の可能性

プラモデルやラジコンなどの模型販売を手がけるタミヤは、同社のウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ漏洩した可能性があることを明らかにした。

20150721_ta_001.jpg
不正アクセスを受けたタミヤ

同社によれば、7月6日にJPCERTコーディネーションセンターより情報漏洩の可能性を指摘する連絡があり、調査を行ったところ、不正アクセスの痕跡を確認。会員の個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明したという。

「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件や「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件の氏名や住所、郵便番号、電話番号のほか、ログインIDで用いるメールアドレスや暗号化されたログイン用パスワードが流出した可能性がある。また見学を予約した顧客最大3824件の氏名や住所電話番号、メールアドレスが流出したおそれがある。

今回の情報漏洩が原因と見られる被害は確認されていないという。同社では、パスワードについてハッシュ化していたとしつつも、パスワードの使い回しを行っている場合は変更するよう顧客に呼びかける。またセキュリティ対策を実施した上でサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明