Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハローワークの職員端末で不正通信 - マルウェア感染が判明

ハローワークの職員が利用する端末がマルウェアへ感染していたことが判明した。情報漏洩など具体的な被害は確認されていないが、詳細を調べている。

20150717_hw_001.jpg
職員端末でマルウェア感染が判明したハローワーク

ハローワークの職員が利用する端末1台にマルウェアが感染していることが7月15日に判明したもので、前日14日に端末から不正な通信を確認したことからネットワークから隔離。その後の調査でマルウェアへの感染が判明した。

情報流出など現時点では確認されていないが、厚生労働省では詳細について調査を進めている。また他端末がマルウェアへ感染していないことを確認したという。

今回の問題に関して、ハローワークで利用する基幹システムへの不正アクセスについては否定。求人情報検索やハローワークインターネットサービスなどをはじめ、ハローワークの業務は通常どおり提供している。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験