Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大、IDや初期PW含む学生や教職員の個人情報が流出

20150716_tu_001.jpg

東京大学のパソコンがマルウェアに感染し、学生や教職員のアカウント情報をはじめとする個人情報あわせて最大3万6300件が流出した可能性があることがわかった。

同大において、業務に利用するパソコンがマルウェアに感染、内部に保存されていた学内向けサービスのアカウントが流出していることが判明したもの。

同大によれば、6月30日に学内で使用するメールサーバにおいて、管理画面の設定が変更されていることへ気が付き、調査を行ったところ、マルウェアの感染が発覚した。

感染したパソコンや同サービスのサーバには、システムのアカウント情報や個人情報が保存されていた。

流出した可能性があるのは、2013年度と2014年度の学部入学者、および2012年度と2013年度にシステムを利用した学生の氏名、学生証番号、利用者ID、初期パスワードなど約2万7000件。

さらに2012年度以降にシステムを利用した教職員の氏名やID、初期パスワードなど4500件、サーバ管理者の氏名、ID、初期パスワードなど3800件、現在システムを利用している学生と教職員の氏名、学生証番号、IDなど1000件などが含まれる。

同大学では対象となるすべてのパスワードを変更。感染端末を隔離した。詳しい原因や影響の範囲など調査を進めており、関係者へ連絡を取っているが、二次被害などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導