Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例CPUを公開 - 193件の脆弱性を修正

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

同社は今回のアップデートで、「Oracle Database」「Java SE」「Oracle MySQL」をはじめとする14の製品グループにおいて、あわせて193件の脆弱性に対処した。

これら3製品以外では、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Hyperion」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Applications - E-Business Suite」「Oracle Applications - Oracle Supply Chain、PeopleSoft Enterprise、and Siebel」「Oracle Commerce Platform」「Oracle Industry Applications - Oracle Communications Applications」「Oracle and Sun Systems Products Suite」「Oracle Linux and Virtualization Products」「Oracle Berkeley DB」などが含まれる。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上の脆弱性は42件だった。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう推奨している。

(Security NEXT - 2015/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース