Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、資産管理サービスにHDD暗号化を提供

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、サイバネットシステムとの技術協力により、クオリティソフトの資産管理ソリューションにハードディスク暗号化サービスを提供する。

同サービスは、パソコンのハードディスク全体を暗号化するもの。クオリティソフトのクラウド型IT資産管理ソリューション「ISM CloudOne」におけるオプション機能「ISM ディスク暗号」として提供する。

チェック・ポイントのハードディスク暗号化ソフト「Check Point Full Disk Encryption」を活用しており、サービス提供は同ソフトの販売とサポートの実績を持つサイバネットが行う。

(Security NEXT - 2015/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに