Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開封がひと目でわかる封印テープ - サンワサプライ

サンワサプライは、剥がしたり開封しようとしたことが痕跡として残る封印テープ「LB-SLTPシリーズ」を発売した。

20150713_sa_001.jpg
LB-SLTPシリーズ(画像:サンワサプライ)

同製品は、通常のガムテープや布テープのように、箱などの梱包に利用できる封印テープ。テープを剥がそうとすると、表面のはくり紙だけ剥がれ、「抜き取り・改ざん厳禁」「封印・貼り直し無効」の文字が印字されたテープが残る。

はくり紙を剥がすと元のように貼り直すことは不可能で、文字とともに残った接着部分は薄いポリエチレンフィルムのため、きれいに剥がすことはできないとしている。

テープ幅は25ミリ×20メートルと50ミリ×40メートルの2種類を用意した。価格はいずれもオープン。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響