Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに偽造証明書チェーンを利用させる深刻な脆弱性 - UDが公開

OpenSSLの開発チームは、深刻度「高」とするOpenSSLのセキュリティアップデートを公開し、証明書の検証処理における脆弱性を解消した。

OpenSSLでは、証明書検証時に証明書チェーンの検索に失敗すると代替の証明書チェーンを検索するが、攻撃者によって信頼できない証明書をチェックさせることが可能となる脆弱性「CVE-2015-1793」が存在するという。

開発者チームは、脆弱性を解消した「OpenSSL 1.0.2d」「同1.0.1p」を用意し、提供を開始した。

「同1.0.0」や「同0.9.8」については、今回明らかとなった「CVE-2015-1793」の影響を受けないとしているが、12月31日にサポートの終了を迎えるため、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
DV被害者情報含む書類が所在不明、5カ月後に判明 - 神奈川県
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響