Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに偽造証明書チェーンを利用させる深刻な脆弱性 - UDが公開

OpenSSLの開発チームは、深刻度「高」とするOpenSSLのセキュリティアップデートを公開し、証明書の検証処理における脆弱性を解消した。

OpenSSLでは、証明書検証時に証明書チェーンの検索に失敗すると代替の証明書チェーンを検索するが、攻撃者によって信頼できない証明書をチェックさせることが可能となる脆弱性「CVE-2015-1793」が存在するという。

開発者チームは、脆弱性を解消した「OpenSSL 1.0.2d」「同1.0.1p」を用意し、提供を開始した。

「同1.0.0」や「同0.9.8」については、今回明らかとなった「CVE-2015-1793」の影響を受けないとしているが、12月31日にサポートの終了を迎えるため、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
プリント管理ソフト「PrinterLogic」に複数脆弱性 - パッチは未リリース
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正