Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCが盗難、見知らぬ人との会話中に - 名古屋大

名古屋大学太陽地球環境研究所の教員が、出張先のスウェーデンで盗難に遭い、個人情報を含むノートパソコンが被害に遭ったことがわかった。

現地時間5月31日12時30分、レストランで食事中に見知らぬ男性から声を掛けられて会話した間に、イスの上に置いていた鞄が持ち去られた。鞄にはノートパソコンが入っていた。

パソコンには、教員が担当する講義を受講している学生の氏名や成績のほか、研究所の学生や教職員の氏名、メールアドレスなど含む研究所連絡一覧など、のべ271人分の個人情報が保存されていた。一部データにはパスワードを設定していたという。

現地警察や日本大使館に被害届を提出するなど対応を行うとともに、対象となる学生と教職員には謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2015/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大