Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCが盗難、見知らぬ人との会話中に - 名古屋大

名古屋大学太陽地球環境研究所の教員が、出張先のスウェーデンで盗難に遭い、個人情報を含むノートパソコンが被害に遭ったことがわかった。

現地時間5月31日12時30分、レストランで食事中に見知らぬ男性から声を掛けられて会話した間に、イスの上に置いていた鞄が持ち去られた。鞄にはノートパソコンが入っていた。

パソコンには、教員が担当する講義を受講している学生の氏名や成績のほか、研究所の学生や教職員の氏名、メールアドレスなど含む研究所連絡一覧など、のべ271人分の個人情報が保存されていた。一部データにはパスワードを設定していたという。

現地警察や日本大使館に被害届を提出するなど対応を行うとともに、対象となる学生と教職員には謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2015/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
授業料補助金申請書類を宅配業者が紛失 - 近大付属高校
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院