Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VM環境が影響を受ける深刻な脆弱性「VENOM」 - 2004年以降存在

VENOMロゴ

仮想マシン(VM)から、ホストに攻撃が可能となる深刻な脆弱性「CVE-2015-3456」が明らかとなった。別名「VENOM」と名付けられ、関係者は影響の有無などアナウンスを開始している。

「CVE-2015-3456」は、フロッピーディスクドライブのエミュレーション機能に特権の昇格が生じる脆弱性で、仮想マシンからホストや同一ホスト上で動作する別の仮想マシンに対する攻撃が可能となる。同脆弱性は、2004年以降存在していたという。

CrowdStrikeのシニアセキュリティリサーチャーであるJason Geffner氏が発見したもので、「VIRTUALIZED ENVIRONMENT NEGLECTED OPERATIONS MANIPULATION」の頭文字をとって「VENOM」と名付けられた。「VENOM」には、「ヘビの毒」や「悪意」などの意味があり、コブラをモチーフにしたロゴが用いられている。

4月30日に関連プラットフォームのセキュリティメーリングリストへ情報を開示した上で、5月13日に公表した。公表以前の攻撃は確認していないという。

ディストリビューターでは、アップデートの提供を順次開始しており、クラウド事業者なども影響の有無などをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定