Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィンマジック、「Dropbox」で保存する前に暗号化するソフト

ウィンマジック・ジャパンは、クラウドに保存するファイルを暗号化するソフト「SecureDoc Cloud」を発表した。

同ソフトは、同社のハードディスク暗号化ソリューション「SecureDoc 7.1」のあらたなコンポーネントとして提供するもの。「Dropbox」や「Box」などのクラウドストレージを利用する際、エンドポイントでファイルを暗号化した上で保存する。

暗号鍵は利用者が管理し、ポリシーによって鍵の割り当てや無効化が可能。独自機能のプリブート認証と組み合わせることで、ファイル共有時もパスワードを入力せずに利用できる。

同社では、すでに同ソフトのベータ版を提供しており、製品版が追加されるSecureDoc 7.1は、10月にリリースを予定している。

(Security NEXT - 2015/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開