Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」に便乗した標的型攻撃が発生

トレンドマイクロは、「LINE」人気に便乗した標的型攻撃を確認したことを明らかにした。LINE上の特定グループへ登録を求めるメールとして送信されていたという。

同社が確認したのは、台湾の政府関連機関に対する標的型攻撃。LINEは台湾で利用者が広がっており、一部政府関連機関では職員のコミュニケーションにも用いられているという。今回の攻撃では、政治家秘書を装って送信されており、メールの件名が「LINE」。LINE上の特定グループへ登録を誘う内容で、「add_line.zip」というファイルが添付されていた。

圧縮ファイルには、実行ファイルが含まれ、誤って実行するとバックドアが起動。外部のコマンド&コントロールサーバと443番ポートで通信を行い、感染端末の「MACアドレス」を送信する。同社の分析によれば、米国の軍事関連企業や日本企業、台湾の政府機関や教育機関を狙った別の標的型攻撃キャンペーン「Taidoor」と関連している可能性があるという。

コンシューマー向けに提供されている製品やサービスを職場で利用されるケースも増えており、ソーシャルエンジニアリングの標的になったケースであると指摘。セキュリティ上の大きな課題であると指摘している。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
政府、組織向けに標的型攻撃対策の解説資料 - 「人、組織対策」と「技術的対策」を解説