Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃、5カ月ぶりに3万件台へ

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が3月に検知したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。2月から20%減少し、2014年10月以来の3万件台となった。

20150430_em_001.jpg
フィッシング攻撃の推移(グラフ:EMC)

同社によれば、3月に観測したフィッシング攻撃は3万7266件。2月の4万6343件から20%の減少となった。前年同月と比較しても12%少ない。ピークを迎えた2014年11月には6万件を超えたが、それ以降は4万件台で推移。3万件台となったのは2014年10月以来5カ月ぶり。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が61%と最多だったが、前月と比較すると6ポイント後退。2位はカナダ(12%)、3位は英国(6%)と続く。4位以降は、6位に中国が入った以外、目立った変化はなかった。

フィッシング攻撃を受けたブランド数は236件で、2月の202件から17%増。また、5回以上の攻撃を受けたブランド数は全体の54%で、前月から13ポイント減少した。

フィッシングサイトのホスト国を見ると、米国が依然として最多だが、比率は6ポイント下がり44%。「イギリス(7%)」「フランス(6%)」が続く。日本国内でホストされたフィッシングサイトは、前月から半減し11件だった。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用