Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1組織あたり年間78件のインシデントに対応 - 3割が標的型攻撃

2014年に対応を迫られたセキュリティインシデントは1組織あたり平均78件にのぼり、そのうちの28%が標的型攻撃であるとの調査結果を米McAfeeが取りまとめた。

同調査は、アジア、北米、欧州、中東、アフリカ、南米を拠点とする大規模企業、中規模企業のITおよびセキュリティ専門家700人を対象に実施したもの。

年間平均78件のセキュリティインシデントに対応し、その28%が標的型攻撃だったという。

セキュリティに関する知識不足と考える技術者も多く、マルウェアの検出回避技術について十分な知識があると考えているのは45%。40%がサイバーセキュリティの知識やスキルを強化するためにさらなるトレーニングが必要と回答した。

(Security NEXT - 2015/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト