Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意

目前にゴールデンウィークを控えており、長期休暇を迎える企業も多い。情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)といったセキュリティ機関では、あらためてセキュリティ対策を見直すよう注意を喚起している。

長期休暇中は、システム管理者も不在となる場合が多く、インシデントの発見や対処が遅れ、システムに大きな被害が及ぶ可能性もあるとして、システム管理者や企業ユーザーが実施すべき対策などをアナウンスしたもの。

企業のシステム管理者が実施すべき対策として、不測の事態に備えた緊急対応体制の確認、OSやアプリケーションへのパッチ適用、セキュリティ対策ソフトを最新の状態にする、情報の持ち出しルールの徹底、重要データのバックアップ、アクセス権限の確認、パスワード管理の徹底、サイバー攻撃対策の点検などを挙げている。

企業内の一般ユーザーについても、OSやアプリケーションを最新版にし、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルを更新することや、パソコンやUSBメモリを使う前のウイルスチェック、メールの慎重な取り扱いなどを求めている。

特に今回のゴールデンウィークは、「Java SE 7」のサポート終了と重なっており、サポート中である「Java 8」への移行が完了しているか、確認しておく必要がある。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチ、2019年のリリース日をチェック - 8月は盆休み直撃
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を