Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割がカードの不正利用に不安、8割強がICチップ搭載を希望

カード利用者の9割以上が不正利用に対して不安を持つ一方、不正利用の被害に遭った場合の対処法について把握している利用者は5割に満たないことがわかった。

ビザ・ワールドワイドが、2015年1月に実施した「カードのセキュリティに関する調査」によって明らかになったもの。クレジットカードまたはデビットカードを使用して、3カ月以内に店頭またはネット通販で物品やチケットなどを購入した20代から50代の男女512人を対象にアンケートを実施した。

カード番号の窃取やなりすましなど、カードの不正利用が心配か聞いた質問では、「とてもそう思う(38.9%)」「まあそう思う(52.3%)」となり、91.2%が不正利用に不安を持っていることがわかった。しかし不正利用の被害に遭った場合の対処法を把握しているのは47.6%だった。

また従来の磁気ストライプにくらべ、偽造が難しいICチップを搭載したカードを利用したいか尋ねたところ、83.8%がICチップを搭載したカードを利用したいと回答したという。

(Security NEXT - 2015/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
クイズ形式でクレカや個人情報漏洩対策を診断できるツール
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%