Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割がカードの不正利用に不安、8割強がICチップ搭載を希望

カード利用者の9割以上が不正利用に対して不安を持つ一方、不正利用の被害に遭った場合の対処法について把握している利用者は5割に満たないことがわかった。

ビザ・ワールドワイドが、2015年1月に実施した「カードのセキュリティに関する調査」によって明らかになったもの。クレジットカードまたはデビットカードを使用して、3カ月以内に店頭またはネット通販で物品やチケットなどを購入した20代から50代の男女512人を対象にアンケートを実施した。

カード番号の窃取やなりすましなど、カードの不正利用が心配か聞いた質問では、「とてもそう思う(38.9%)」「まあそう思う(52.3%)」となり、91.2%が不正利用に不安を持っていることがわかった。しかし不正利用の被害に遭った場合の対処法を把握しているのは47.6%だった。

また従来の磁気ストライプにくらべ、偽造が難しいICチップを搭載したカードを利用したいか尋ねたところ、83.8%がICチップを搭載したカードを利用したいと回答したという。

(Security NEXT - 2015/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に