Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WS 2003」の脆弱性、2014年度は49件 - 直近3月は17件も

情報処理推進機構(IPA)は、「Windows Server 2003」のサポート終了が3カ月後に迫っていることを受け、後継システムへの移行を促している。

「Windows Server 2003」のサポート期間が7月15日に終了し、以降は脆弱性を修正するパッチが提供されなくなることから、あらためて注意喚起を行ったもの。

同OSは、継続的に脆弱性が発見されており、2014年4月から2015年3月までの1年間に、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」へ登録された脆弱性情報は49件にのぼる。特に直近となる3月は、17件が登録された。

サポート終了後にも同様の状況が続くと見られている。こうした脆弱性が悪用された場合、データの改ざんや破壊、情報漏洩などにつながる可能性があると同機構では指摘。被害を防止するためにも、サポート終了前に後継システムへ移行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用