Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年末で「CentOS 8」のサポートが終了 - リリースからわずか2年強

「CentOS 8」のサポートが2021年末で終了する。以降はセキュリティアップデートが提供されなくなるため、注意が必要だ。

CentOS Projectでは、2020年12月に「CentOS 8」の開発期間を当初予定していた2029年5月31日から2021年12月31日へと大幅に短縮することを発表

「Red Hat Enterprise Linux」のアップストリームにあたる「CentOS Stream」をあらたに提供する方針を示した。ただし「CentOS 7」については2024年6月30日までサポートするという。

「CentOS 8」は2019年9月のリリースからわずか2年強でサポートの終了を迎える。利用者は、開発方針が異なる「CentOS Stream 8」や、有償提供となる「RHEL 8」、あるいは他互換OSに移行することが求められる。

こうした状況を受け、受け皿となる互換OSの動きも活発となっている。サイバートラストでは「CentOS 8」のバイナリ互換である「MIRACLE LINUX 8.4」を10月に無償化。「RHEL 9」をベースとした「MIRACLE LINUX 9」を提供することも表明した。

またコミュニティベースで開発が進む「Rocky Linux」「AlmaLinux」のほか、互換性を持つカーネル「Red Hat Compatible Kernel」をオプションで用意している「Oracle Linux」なども移行先として名乗りを上げている。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム