Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年末で「CentOS 8」のサポートが終了 - リリースからわずか2年強

「CentOS 8」のサポートが2021年末で終了する。以降はセキュリティアップデートが提供されなくなるため、注意が必要だ。

CentOS Projectでは、2020年12月に「CentOS 8」の開発期間を当初予定していた2029年5月31日から2021年12月31日へと大幅に短縮することを発表

「Red Hat Enterprise Linux」のアップストリームにあたる「CentOS Stream」をあらたに提供する方針を示した。ただし「CentOS 7」については2024年6月30日までサポートするという。

「CentOS 8」は2019年9月のリリースからわずか2年強でサポートの終了を迎える。利用者は、開発方針が異なる「CentOS Stream 8」や、有償提供となる「RHEL 8」、あるいは他互換OSに移行することが求められる。

こうした状況を受け、受け皿となる互換OSの動きも活発となっている。サイバートラストでは「CentOS 8」のバイナリ互換である「MIRACLE LINUX 8.4」を10月に無償化。「RHEL 9」をベースとした「MIRACLE LINUX 9」を提供することも表明した。

またコミュニティベースで開発が進む「Rocky Linux」「AlmaLinux」のほか、互換性を持つカーネル「Red Hat Compatible Kernel」をオプションで用意している「Oracle Linux」なども移行先として名乗りを上げている。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP