Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年末で「CentOS 8」のサポートが終了 - リリースからわずか2年強

「CentOS 8」のサポートが2021年末で終了する。以降はセキュリティアップデートが提供されなくなるため、注意が必要だ。

CentOS Projectでは、2020年12月に「CentOS 8」の開発期間を当初予定していた2029年5月31日から2021年12月31日へと大幅に短縮することを発表

「Red Hat Enterprise Linux」のアップストリームにあたる「CentOS Stream」をあらたに提供する方針を示した。ただし「CentOS 7」については2024年6月30日までサポートするという。

「CentOS 8」は2019年9月のリリースからわずか2年強でサポートの終了を迎える。利用者は、開発方針が異なる「CentOS Stream 8」や、有償提供となる「RHEL 8」、あるいは他互換OSに移行することが求められる。

こうした状況を受け、受け皿となる互換OSの動きも活発となっている。サイバートラストでは「CentOS 8」のバイナリ互換である「MIRACLE LINUX 8.4」を10月に無償化。「RHEL 9」をベースとした「MIRACLE LINUX 9」を提供することも表明した。

またコミュニティベースで開発が進む「Rocky Linux」「AlmaLinux」のほか、互換性を持つカーネル「Red Hat Compatible Kernel」をオプションで用意している「Oracle Linux」なども移行先として名乗りを上げている。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場